過去の研究会

■ 第7回研究会(Zoomオンライン開催)
会期:2020年3月14日(土)
会長:蘆野吉和(社会医療法人北斗 地域包括ケア推進センター長)

最近の話題
「悪液質の最新の基準」
城谷典保(新横浜在宅クリニック)

シンポジウム(共催 公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団)
「病院から地域につなげる食支援」
座長:荒金英樹(愛生会山科病院外科)
田中弥生(関東学院大学栄養学部管理栄養学科)

「急性期基幹病院から在宅医療を展開したら地域の食支援が変わりました!」
谷合久憲(たにあい糖尿病・在宅クリニック)
「地域在宅NSTの活動と社会連携の実践」
小川豊美(株式会社とよみ:認定栄養ケア・ステーション管理栄養士事務所)
「カラダの専門家が常駐する地域の新しい通い場 スタジオカフェBALENA」
新田智裕(株式会社NITTA JAPAN)
「飲食店と嚥下食のつながりと今後の展望」
藤間誠司(横須賀創プロジェクト/株式会社 Ijes’t)

最近の話題
「介護報酬改定における栄養ケア・ステーションの必要性」
田中弥生(関東学院大学栄養学部管理栄養学科)

 

■ 第7回研究会(中止)
会期:2020年4月11日(土)
会場:横浜市教育会館 (横浜市西区紅葉ヶ丘53番地)
会長:蘆野吉和(社会医療法人北斗 地域包括ケア推進センター長)

 

■ 第6回研究会
会期:2019年4月13日(土)
会場:新潟市民プラザ (新潟市中央区西堀前通6番町866 NEXT21 6階)
会長:小山 諭(新潟大学大学院保健学研究科 教授)

 

■ 第5回研究会
日時 2018年4月14日(土)
場所:JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス
テーマ「サルコペニアの実体にせまる」― 原因の解明と予防の試み ―
当番世話人・会長 東口髙志(藤田保健衛生大学医学部 外科・緩和医療学講座 教授)

シンポジウム1 サルコペニアに関する最近のトピックス(共催:味の素)
座長:医療法人財団緑秀会 田無病院外科 病院長 丸山 道生
演者:沖縄メディカル病院 副院長 吉田 貞夫 
熊本リハビリテーション病院 リハビリテーション科 副部長 吉村 芳弘
横浜市立大学付属市民総合医療センター リハビリテーション科 臨床講師 若林 秀隆

シンポジウム2 消耗性疾患における栄養管理(共催:ネスレ)
座長:社会医療法人北斗 地域包括ケア推進センター 蘆野 吉和
演者:奈良医科大学 内科学第二講座 病院教授 吉川 雅則
京都大学肝胆膵・移植外科 准教授 海道 利実
東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床栄養部 副部長 斎藤 恵子

ランチタイムレクチャー 高齢者のサルコペニア・フレイルとその予防対策(共催:イーエヌ大塚製薬)
座長:藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座 教授 東口 髙志
演者:東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座 准教授 小川 純人

プレナリー講演
座長:藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座 教授 東口 髙志
演者:静岡県立静岡がんセンター呼吸器内科 内藤 立暁

教育講演(共催:大塚製薬工場)
座長:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 漢方薬理学講座 教授 乾 明夫
演者:大阪国際がんセンター 消化器外科 副部長 宮田 博志

要望演題・口演
座長:医療法人協和会 第二協立病院 福田 能啓
特定医療法人共和会 共和病院 谷口 正哲

シンポジウム3 悪液質とQODと生体反応(共催:ツムラ)
座長:医療法人社団鴻鵠会 新横浜在宅クリニック 院長 城谷 典保
演者:国立がん研究センター研究所がん患者病態生理研究分野 分野長 上園 保仁
名古屋市立大学大学院薬学研究科神経薬理学分野 准教授 大澤 匡弘
藤田保健衛生大学七栗記念病院薬剤課 課長 二村 昭彦

 

■ 第4回研究会
日時:2017年4月8日 9:50-15:50
場所:神戸ポートピアホテル
テーマ「筋肉量減少と筋力低下の病態を知る」
当番世話人・会長 福田 能啓(医療法人第二協立病院、兵庫医科大学名誉教授)

シンポジウム 心不全とサルコペニア (共催 味の素株式会社)
座⻑ 若林秀隆(横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センターリハビリテーション)
「心臓悪液質のメカニズムと治療」
横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センター心臓⾎管センター ⼩⻄正紹
「心臓悪液質の診断と薬物療法」
国⽴循環器病研究センター移植医療部 簗瀬正伸
「心臓悪液質に対するリハビリテーション」
聖マリアンナ医科⼤学横浜市⻄部病院循環器内科 鈴⽊規雄
「心臓悪液質に対する栄養療法」
京都⼤学医学部附属病院循環器内科 ⼩笹寧子

教育講演
サルコペニアの摂食嚥下障害の診断と治療 (共催 ネスレ日本株式会社)
座⻑:医療法⼈協和会第⼆協⽴病院 福⽥能啓
演者:横浜市⽴⼤学附属市⺠総合医療センター 若林秀隆

特別講演
癌悪液質の病態と栄養管理 (共催 イーエヌ大塚製薬株式会社 株式会社大塚製薬工場)
座⻑:医療法⼈社団鴻鵠会 新横浜在宅クリニック 城⾕ 典保
演者:藤⽥保健衛生⼤学医学部外科・緩和医療学講座教授 東口髙志

 

■ 第3回研究会
日時:2016年4月3日 10:00-15:30
場所:鹿児島県医師会館
テーマ「サルコ・悪液質・フレイルーその現状と方向性」
当番世話人・会長 乾 明夫(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 心身内科学 教授)

スポンサードレクチャー(座長:乾明夫)
萩原圭祐(大阪大学大学院医学系研究科・漢方医学寄附講座)
「漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について」

シンポジウム「サルコペニア・フレイル防止対策の最前線」(座長:乾明夫)
1.若林秀隆(横浜市立大学付属市民総合医療センター・リハビリテーション科)
サルコペニア・悪液質診断基準のupdateと8th Cachexia Conference報告
2.深山知子(タニタ開発部)
骨格筋の量と質の測定機器の開発
3.小林久峰(株式会社味の素)
サルコペニア対策におけるたんぱく・アミノ酸栄養の役割
4.吉田紀子(鹿児島県済生会支部長兼済生会鹿児島地域福祉センター)
地域におけるフレイル対策の実践と課題

第3回研究会抄録集(表紙見開き)
第3回研究会抄録集(本文)

 

■ 第2回研究会
日時:2015年10月31日 14:00-17:30
場所:味の素グループ高輪研修センター
テーマ「サルコペニアのメカニズムから予防・治療を考える」
当番世話人・会長 丸山 道生(田無病院・院長)
講演
1.佐久間 邦弘 豊橋技術科学大学総合教育院、健康支援センター
サルコペニア・悪液質のメカニズムと筋肉の変化
2.山田 実 筑波大学大学院人間総合科学研究科
サルコペニアの予防・早期発見と改善策
3.若林秀隆 横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科
サルコペニアの摂食嚥下障害とリハビリテーション栄養

第2回研究会抄録集

 

■ 第1回研究会
日時:2014 年 4 月26 日(土)
場所:學士会館

[プログラム]
開会の辞:城谷典保(日本サルコペニア・悪液質・消耗性疾患研究会代表世話人)
演題1「老年医学におけるサルコペニア研究の現状」
演者:鈴木隆雄(国立長寿医療研究センター研究所)
司会:東口髙志(藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座)

演題2「高齢者の食力から考える虚弱・サルコペニア予防」
演者:飯島勝矢(東京大学高齢社会総合研究機構)
司会:丸山道生(医療法人財団緑秀会田無病院)

演題3「悪液質のトランスレーショナルリサーチ – 空腹ホルモングレリンを中心に -」
演者:乾 明夫(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科心身内科学分野)
司会:蘆野吉和(青森県立中央病院)

閉会の辞:蘆野吉和(日本サルコペニア・悪液質・消耗性疾患研究会世話人)

第1回研究会記録集